« 明確なメリットが東京都世田谷矯正歯科には法人化するわからない | トップページ | 海外の技工物は極力避けるのは成城学園前 歯科 歯医者でも同じ »

歯科診療報酬改定に東京世田谷インプラントは困窮

2010年度歯科診療報酬改定は、診療報酬本体で2.09%の引き上げとなった。初診・再診料の引き上げ、乳幼児の100分の50加算の5歳未満から6歳未満への変更、う蝕処置・歯周治療の引き上げ、病院歯科に関連する手術の大幅な引き上げ、在宅医療・障害者医療に対する加算点数の配分などが行われた。その一方で、スタディモデルの包括化、東京世田谷インプラントなどの歯科疾患管理料の1回目の点数引き下げ、一部の歯周治療の引き下げ、新製有床義歯管理料の2回目の廃止というように、財源捻出のためのマイナス部分も多く見られる。歯科訪問診療料では、20分という時間要件の新設や「同一建物」に居住する患者への点数引き下げなど新たな問題が生じている。新たに歯科技工士に対する評価として、有床義歯修理で加算点数がわずかながら設けられたが、多くの歯科技工士が歯科医院には勤務しておらず独立して開業していることから、その恩恵を受けることはない。

|

« 明確なメリットが東京都世田谷矯正歯科には法人化するわからない | トップページ | 海外の技工物は極力避けるのは成城学園前 歯科 歯医者でも同じ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 明確なメリットが東京都世田谷矯正歯科には法人化するわからない | トップページ | 海外の技工物は極力避けるのは成城学園前 歯科 歯医者でも同じ »